胡蝶蘭の植え替え

胡蝶蘭の植え替えについて

胡蝶蘭を育てるうえでとても大切なお世話の一つに植え替えがあります。胡蝶蘭の多くは複数の株を寄せ植えしていますが、寄せ植えは花が終わった時点で株を一株づつに分けて植え替えします。

 

一度植え替えをした胡蝶蘭は、2年を目安に植え替えを行うようにします。胡蝶蘭の植え替えは、根や株を健康に育てるためにとても大切なことです。

 

しかし、一年のうちに何度も植え替えを繰り返すのは根を非常に痛めてしまうので、植え替えのベストシーズンである4月に行うようにすると良いと言われています。植え替えにはプレサブ(バーグ)やミズゴケを利用します。

 

プレサブはプレサブ自体が腐りにくく、通気性もよいため病気になりにくいというメリットがあります。しかし、取り扱っている園芸店が少ないというデメリットがあり、さらにプレサブの大きさや種類によって管理方法が異なります。

 

ミズゴケは昔からある方法になるので、管理方法が明確ですが、ミズゴケ自体が腐りやすいので注意が必要です。胡蝶蘭を上手に植え替え、株を健康で元気に保つことで、長く花を楽しむことができますよ。

 

 

>>自信をもって届けられる胡蝶蘭はこちら