胡蝶蘭の寿命

胡蝶蘭の寿命について

生物には一般的に寿命と呼ばれているものがあります。雑草などでは主に一年草で寿命は短く、多年生の草花でも数年が寿命になります。逆に樹木などは寿命が長い植物ですよね。

 

では、胡蝶蘭の寿命とはどの程度なのでしょうか。実は、胡蝶蘭には寿命がないといわれています。世話の仕方次第では、いつまででも花を咲かせることができるといわれています。

 

胡蝶蘭が枯れてしまうのは、寿命ではなく根が腐ってしまったり、株が病気にかかって死んでしまったりした場合になります。手入れ次第では10年前の株でもしっかりと花を咲かせることができるそうです。

 

胡蝶蘭は育て方が難しく、管理ができないと思う人も多いようですが、基本のところをしっかりと押さえておくことで長く花を楽しめる植物です。

 

胡蝶蘭を枯らしてしまう最も多い原因は水をやり過ぎて根腐れを起こしてしまうか、株が病気になってしまうことと、直射日光を当ててしまうことで葉焼けを起こしてしまうことになります。

 

胡蝶蘭を育てる時には、ちょっと手抜きくらがちょうどよいそうです。そうすることで、寿命がない胡蝶蘭を長く楽しむことができます。

 

>>キレイな胡蝶蘭はこちら。

 

 

 

胡蝶蘭の寿命について