育て方について

胡蝶蘭の育て方について

胡蝶蘭はお祝いなどで送っていただくことが多いお花ですが、その育て方についてはどうしたらいいのかわからないという人が多い花でもあります。

 

胡蝶蘭の育て方について説明をしてみたいと思います。贈り物などで胡蝶蘭を手に入れた時には、ギフト用にラッピングがされていることが多いですが、10日前後で取り外すようにします。

 

花の鉢はレースのカーテン越しに日光が当たり、最低でも10℃、一般的には15℃以上が保てる風通しの良い場所に置きます。

 

もともと胡蝶蘭は温暖湿潤な森の中で生育していたものですので、その環境に近づけてあげます。
風が当たり過ぎ、寒すぎ、暑すぎ、通気性が悪いという環境には胡蝶蘭は非常に弱い植物です。

 

冬の乾燥にも注意が必要です。水遣りは1週間〜10日に一度ほど、株の根元にコップ1杯ほどの水を与えます。受け皿に溜まった水は捨てます。

 

花が終わったら、胡蝶蘭の株分けをします。多くの場合複数の株が一つのポリポットに寄せ植えをされているので、別々に管理します。

 

すぐに花を咲かせたい場合は花が咲いていた茎の2〜3節目で切ります。株を育てたい場合は根元2〜5センチ程度で切ります。

 

>>胡蝶蘭の宅配サービスはこちら

 

 

 

胡蝶蘭の育て方