胡蝶蘭の生け方

胡蝶蘭の生け方について

胡蝶蘭を生け花として生けたいけど、花が重いのかどうしても上手に生けることができないと悩んでいる人もいると思います。

 

では、胡蝶蘭はどうしたら上手に生けることができるのでしょうか。鉢植えの胡蝶蘭を見てみるとわかると思いますが、多くの場合胡蝶蘭の花には添え木を当ててありますよね。生け花として生ける時にも、胡蝶蘭には添え木を添えます。

 

園芸店などで売っているワイヤ支柱で、緑色の留め具などを使うと目立たずに添え木を添えることができます。

 

もちろん、割り箸でも大丈夫です。ちょっと見栄えが悪くなってしまいますので、添え木の周りに他の花を添えたり、グリーンを添えたりすると目立ちにくくなります。

 

長いまま生けず、胡蝶蘭の花の茎を短くしたいという場合でも、この添え木で生けるときれいに生けることができますが、花を一つずつばらして水盤に浮かべるという方法もあります。

 

この場合は花のモチは悪くなってはしまいますが、きれいに生けることができます。胡蝶蘭だけで生け込むことは難しいことではないので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

>>お祝いに自信をもって届けられる胡蝶蘭はこちら